到着までに疲れない!夜行バスで快適に過ごすコツ

大活躍!持ってて安心の快眠グッズ

夜行バスでの長距離移動、きちんと睡眠を取れるかが、体の疲れにも大きく影響します。少しでも質の良い睡眠を取るため、役立つアイテムを持参しましょう。 複数の人が利用する夜行バスですが、周りの様子が気になってなかなか寝付けないという方には、耳栓やアイマスクがおすすめです。周囲の音や明かりを気にせず、睡眠に集中できるでしょう。また、寝顔を見られるようで落ち着かないという方は、深くかぶれるキャップやマスクなども便利なアイテムです。その他、足首を楽にするためにスリッパを活用したり、頭や首の負担を減らす空気枕を利用するのも、疲労をぐっと軽減する方法でしょう。 人によって気になるポイントは異なりますが、「質の良い睡眠」を意識して荷造りするのが、夜行バス攻略の鍵と言えるでしょう。

長時間の同じ姿勢に要注意!

夜行バスは座ったままの姿勢が長く続くため、翌日には体のあちこちが痛くなってしまう場合があります。休憩の度にバスを降りて少し歩いたり、乗車中もこまめにストレッチするなど、軽い運動を心がけましょう。特に、足回りや背中など、疲れがたまりやすい場所をほぐしてあげることが大切です。時々背伸びをする、足首を回すなど、簡単なストレッチでも、翌日の疲れをぐっと軽減してくれます。 また、時々耳にする「エコノミー症候群」は、長時間同じ姿勢を取り続けたことによって、血流が悪化し起こる症状です。夜行バスでも発症の可能性はあるため、こまめな運動がエコノミー症候群の予防にも繋がります。 隣の座席や周囲の人の迷惑にならないよう気をつけながら、明日の体のためにストレッチを忘れないようにしましょう。