持ってて良かった!夜行バス利用者が車内で役に立ったものランキング

足元用のグッズは欠かせない

夜行バスに乗っている時に役に立ったものランキングの上位に食い込むのは、やはり足元に関連したグッズです。長時間座席に座ってることになりますし、その間はリラックスして眠らなくてはいけません。 では、いったいどのような足元グッズがあるのかと言いますと…まずはスリッパです。靴を脱ぐだけでもかなりリラックスできますので鉄板グッズと言えるでしょう。使い捨てスリッパや旅行用の携帯スリッパなど、かさばらないものが人気です。 また、足の位置を高く保つことが出来るクッションも人気が高いグッズです。長い間足を下したままですとむくんでしまいますが、少しでも足の位置を高く保つことが出来ればその心配がなくなり、快適な時間が過ごせます。

光に強いアイマスクは大人気

続いては、夜行バスに乗車している際に悩まされるものとして「対向車のヘッドライト」「常夜灯」などの光があります。カーテンを閉め切っていたとしても、その隙間から漏れ出でてくる光を完全にシャットアウトすることは出来ません。 そんな時に役立ってくれるのがアイマスクです。小さいものなのでバッグに忍ばせておくことが可能なところもポイントです。バス会社によっては事前に配られることもありますが、着け心地などを考えますと自分で準備した方が安心です。夜行バスに乗車する際には必ず持っていくという人が多いのもうなずけます。 目元を暗くするだけで熟睡の度合いが格段に異なってきますし、周りの人も気にならなくなるというプラスのメリットも享受出来ます。